プロフィール

ソプラノ 川島幸子

Author:ソプラノ 川島幸子

HOME

PROFILE

REPERTOIRE

SCHEDULE

DIARY(blog)

CD

AUDIO

PRESSE

GALLERY

LESSON / CONTACT
                LINKS

DEUTSCH



カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク
QRコード
QRコード

2009/02/20//Fri * 21:32
オットのリサイタル ガスタイク in ミュンヘン

2月14日に、ミュンヘンフィルの本拠地であるガスタイクの小ホールでオットのピアノリサイタルがありました。

オットは2月11日と12日にドイツのハッティンゲンという街でもリサイタルがあり、そのリサイタルの後、先日のカーメンとドルトムントでのリサイタルの際にもおせわになったOさんのお宅に宿泊し、13日にドルトムントからミュンヘンへ飛行機で移動というハードスケジュール。

2月14日
コンサート当日、ホテルで朝食を済ませ、ホールへ。

オットが14時ごろまでホール練習ののち、ガスタイク内のレストランでランチ。

開演2時間前の18時に再びホールへ。
オットは直前のリハーサル。

私はミュンヘン在住の親友=カトリンとシュテファンと久々の再会。
彼らとホールの席につく。

満席のお客様!20時いよいよ開演。

◆プログラム◆
ヘンデル:プレリュードとアレグロ
      幻想曲
モーツァルト:幻想曲
ショパン:幻想曲
西村朗:アリラン幻想曲(ドイツ初演)
ブラームス:幻想曲
シューベルト:さすらい人幻想曲

アンコール→シューベルト/リスト:春への憧れ

オットは、すごい集中力で弾ききりました!
お疲れ様です(笑)!
gasteig1

リサイタルの後、主催者Kさんと今回のリサイタルのスポンサーで友人のS夫妻、Kさんの友人などみんなでガスタイクの近くのレストランで打ち上げパーティー。
gasteig2
12時半過ぎまで飲み語り、楽しい打ち上げでした!

2月15日(日)
ホテルで朝食後、カトリン&シュテファンのお宅へ。
午後は、カトリンの両親がちょうどミュンヘンに来ていたのでみんなでレストランへ。
●鹿のロースト
hirsch

2月16日・17日
ノイエ・ピナコテーク(新絵画館)で絵を見たり、カトリン&シュテファンの愛娘=マレーネ(2歳)とたっぷり遊び、マレーネが寝た後は4人でワイン片手に色々話が出来、楽しい滞在となりました。

●ミュンヘン新市庁舎の仕掛け時計
muenchen


2009/02/19//Thu * 23:32
マドリッドに行ってきました!

2月の頭に、今年で3度目となる毎年恒例(?)のマドリッドの友達=Tちゃん宅にお邪魔しました。

1日目
ベルリン・シェーネフェルト空港から夕方の便でマドリッドへ。
flug

19時マドリッド着。
Tちゃんの旦那様=Aくんが空港まで車で迎えに来てくれて、そのままTちゃん宅へ。

Tちゃんが仕事から帰ってくる前に3人で何か作ろうと、スーパーへ買出し。

■新鮮な海の幸がいっぱい!
sakana

■スペインといえばイベリコ豚の生ハム!
hamon

色々買い込んで、とりあえず本日はオット作:えびとイカのトマトソーススパゲティ!
pasta
(もちろん、食前にスペインワインと生ハム&チーズを頂きました。)

2日目
お昼から、さっそく昨日買いこんだ海の幸を使ってAくんが腕を振るってくれました!

■伊勢えび(?)とかにのリゾット
ebi

■かに
kani


夜は、今回のマドリッド滞在で一番のメインイベント=フラメンコ鑑賞。
老舗のタブラオ=コラル・デ・ラ・モレリア(Corral de la Moreria)にAくんの会社の同僚のお父さんが働いていて、なかなか取れない席を予約してくれて、夜の10時開演ということで、軽く夕食を済ませてからお店へ。

■最初は若い美女3人による踊り
fla1

■続いて男性の踊り
fla2

夜の11時が過ぎたころ、最後の踊りを踊る熟女登場!
出てきた瞬間から、他の踊りの人たちとは雰囲気もオーラも全然違っていて、踊りだすともう完全に彼女の世界。
「この人は一体誰?」と思ったら、なんとフラメンコの女王=Blanca Del Rey(ブランカ・デル・レイ)でした!
写真を撮るのも忘れて夢中で観ていたので、こんな写真しかありませんが一応。
fla3

3日目
冬でも最高気温15度はあるマドリッドですが、この日は大雪(涙)。
この日、Aくんの車で行く予定だったアヴィッラまでの道路が雪で通行止め。
急遽、行き先をチンチョンに変更。
チンチョンは、なだらかな丘に囲まれた人口わずか4000人の町で、スペインの典型的な田舎町。
唯一の見所が、この「マヨール広場」。
hiroba

お昼は広場の近くのレストランでランチ。
■レストランにあった子豚の丸焼き(食べてませんが・・・)
buta

雪交じりの雨で、寒いので早めに退散・・・・・

4日目
今日は、ひたすら買い物Day!

■クエルダ・セガと呼ばれる技法で作った絵皿
sara

5日目
Tちゃんとお昼まで街を散策し、Tちゃんはお仕事へ。
私とオットはTちゃん宅に戻って荷物を取って空港へ。

夜の11時、ベルリン着。
今回も楽しいマドリッド旅行でした!TちゃんAくん、お世話になりました!!!

おまけ
■Tちゃんからもらったフレッシュオレンジジュースを作るオレンジしぼり器
orange



2009/02/04//Wed * 17:36
ドルトムント滞在

オットが2005年のシューベルト国際ピアノコンクール(ドルトムント/ドイツ)で優勝したときに、コンクール期間中ホームステイでお世話になり、今も「ドイツのお父さんお母さん」として慕っているドルトムントのOさん一家のお宅に、今回はドルトムント近郊の街Kamenとドルトムントの二箇所でオットがリサイタルだったので、お邪魔させていただきました。

1日目
ドルトムントに着いたその日には、Oさんの奥様=グンダが、彼女のもっとも得意な料理であるSauerbraten(=酢漬け牛肉のロースト)をご馳走になりました。
sauerbraten

2日目
翌日、17時からオットはKamenでリサイタルだったので15時にグンダの車でコンサート会場に移動。
17時開演。
今回のリサイタルのプログラムのテーマはファンタジー(=幻想曲)。
幻想曲と題のつく曲ばかりを集めたプログラムで、ヘンデル・モーツァルト・ショパン・ブラームス・シューベルト。
アンコールを弾き終えて、コンサート終了。
再びグンダの車で移動し、19時半には帰宅し、夕食。

3日目
ドルトムントでのリサイタルが翌々日だったので、この日は、ドルトムントから電車で1時間ほどのデュッセルドルフへ買い物へ。
デュッセルドルフには日本街があり、日本の食材などを買えるスーパー、お弁当屋さん、本屋、パン屋、日本食レストラン、ラーメン屋など、そこはまるで日本!
お昼は日本館というところのランチを食べ、いろいろ買い物をして、夕方再びドルトムントへ。

O家のアイドル、ベラちゃん
bella

4日目
夕食にグンダがPangasius(パンガジウス)という魚=「バサ」を使ったお料理を作ってくれました。
pangasius pangasius2
初めて食べたのですが、とっても美味しかったです!

5日目
オットは今日は19時半からコンサートなので、お昼はグンダと3人で近くのレストランへ。
この日もお魚料理、Schollenfilet(カレイの白身)
schollenfilet

17時半にはホールに着きたかったのに、地元サッカーチームの試合があり街中道路が渋滞・・・・
18時になんとか到着。

19時半開演。
この日もKamenでのプログラムと同じくファンタジー(=幻想曲)。
ドルトムントのBürgersaal
buergersaal

コンサート終了後、グンダのお友達夫婦、O家と50年来の友人=アルトマイヤーさん、オットのコンサートのときにいつも聴きに来てくださるK婦人とその友人で数学者Aさんと、車でO家へ。

O家のご主人=ウルリッヒは仕事で翌日ドルトムントに帰ってくる予定でしたが、ドイツ鉄道がストをするということで急遽この日に帰宅していて、O家でオットのコンサートの打ち上げパーティーを開催してくれました。

グンダ特製 coq au vin(コッコ・ヴァン)鶏の赤ワイン煮
tori

6日目
O家のもう一匹のアイドルマックス
max

毎日素晴らしいお料理でもてなしてくれたグンダとお別れし、ドイツ鉄道がストを決行というニュースだったので、いったい何時にベルリンにたどり着けるのだろうか?と不安を抱えてOさんの車でドルトムント中央駅へ。
お世話になったOさんとお別れし、駅のホームへ。

すると、私達が乗る予定の電車にはストの影響が出ていないようで、いつも通り走っていて、定刻どおりベルリンに帰れました。

楽しいドルトムント滞在でした!

[TOP]
copyright (C) 2006 SACHIKO KAWASHIMA all rights reserved. [ template by *mami ]
//