FC2ブログ

プロフィール

ソプラノ 川島幸子

Author:ソプラノ 川島幸子

HOME

PROFILE

REPERTOIRE

SCHEDULE

DIARY(blog)

CD

AUDIO

PRESSE

GALLERY

LESSON / CONTACT
                LINKS

DEUTSCH



カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク
QRコード
QRコード

2006/04/25//Tue * 21:39
ミハイル プレトニョフ ピアノリサイタル in Berlin

ベルリンのフィルハーモニーホール(小)での、プレトニョフのピアノリサイタルに行ってきました。

以前、フィルハーモニーの大ホールの方で彼のラフマニノフ3番コンチェルトを聴いたことがあったのですが、ソロの演奏会は初めて。

♪本日のプログラム♪
①モーツァルト ソナタ10番 K.330
②モーツァルト ソナタ12番 K.332
③チャイコフスキー  四季

モーツァルトのソナタ、今までに聴いたことがない演奏でした(汗)。
奇をてらった演奏とも言うのかもしれませんが、私にとってはまったくわざとらしく感じられず、逆になぜあの解釈でそこまで自然に流れるのかが不思議でした。
全てコントロールされていて、恐ろしいテクニックと音楽性。
彼の演奏は、きっと彼の勝手な解釈ではなく、彼の目(頭?)には、モーツァルトの楽譜からあのような音楽が映り、読取った結果なのでしょう。

チャイコフスキーの四季、結構長い曲ですがあっという間でした。
独特のメロディーを恐ろしく美しく、自然に、でも誰にもマネのできない歌いまわしで、うまく言葉に表現できませんが、とにかくずっと惹きつけられっぱなしでした。

すごいピアニストです。(そして指揮者でもあり作曲家でもある)
というか、人間ではないのかも。


今日は本当は体調が悪かったのですが、無理をして聴きにいって大正解でした。


■写真■
アンコールの後。
2006 04.25



Comments on this preview     









ブログ管理人にのみ表示を許可する

[TOP]
copyright (C) 2006 SACHIKO KAWASHIMA all rights reserved. [ template by *mami ]
//