FC2ブログ

プロフィール

ソプラノ 川島幸子

Author:ソプラノ 川島幸子

HOME

PROFILE

REPERTOIRE

SCHEDULE

DIARY(blog)

CD

AUDIO

PRESSE

GALLERY

LESSON / CONTACT
                LINKS

DEUTSCH



カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク
QRコード
QRコード

2007/11/29//Thu * 12:20
いよいよ来週!

いよいよイェナフィルとのコンサートが来週の金曜日(12月7日)に迫り、最後の詰のレッスン&指揮者合わせに行ってきました。

ワイマールはすっかりクリスマスモード。
空き時間にぶらっとお散歩していると、ちょうどワイマールで失くした(涙)ターコイズブルーのパシミヤのストールとよく似たストールを売る出店を発見!
素材を見てみると、カシミヤ70%・シルク30%。
きっと高いだろうなと思って店員に聞いてみるとなんと10ユーロ!!!
思わず買ってしまいました(爆)

まず指揮者とのピアノでの合わせ。
コンサートで歌うR.シュトラウス作曲、ブレンターノの詩による六つの歌op.68 は、
1.夜に
2.わたしは花束を編むつもりだった
3.そよげ、やさしいミルテの樹よ
4.あなたの歌がわたしの心にひびいたとき
5.愛の神
6.妻の歌
という6つの歌でひとまとまりになっています。
が、1番と6番の曲、特に6番の“妻の歌”という曲は、私の声種=リリック・コロラトゥーラソプラノという高い音域を得意とする声種にとっては音域が低く、オーケストラも分厚い&大編成なので、私のような声種の人がこの曲集をオーケストラと歌う場合、1番・6番は省いて歌ったりします。
私の先生(=リリック・コロラトゥーラソプラノ)も以前、ライプツィッヒでゲヴァントハウスオーケストラとマズア指揮でこの曲集を歌ったときも、1番・6番は歌わなかったそうです。
なのに、今回私は全曲チャレンジするわけですが、指揮者の先生がオペラの指揮者ということもあり、歌手のことや声のことをよくわかってらっしゃる上、この曲集を他のソプラノ歌手とすでに演奏されているので、指揮者を信じて、自分なりの“ブレンターノの詩による六つの歌”を歌いたいと思います。

そして、コンサート前の最後のレッスンだったので、ワイマールでピアノを勉強しているSちゃんに伴奏をお願いし、6曲全部を通しました。
(Sちゃん、本当にありがとぉ!!!とっても楽しくのびのびと歌えました。半端じゃなくむずかしぃ~&面倒な譜読みだったでしょ? スミマセンでした。) 

とにかく絶対に風邪をひかないように、鼻うがい&プロポリスを欠かさず、人ごみを避け(笑)、元気で過ごさねば!

写真
クリスマス市にあった巨大クリスマス・ピラミッド
2007 11.21



Comments on this preview     









ブログ管理人にのみ表示を許可する

[TOP]
copyright (C) 2006 SACHIKO KAWASHIMA all rights reserved. [ template by *mami ]
//