FC2ブログ

プロフィール

ソプラノ 川島幸子

Author:ソプラノ 川島幸子

HOME

PROFILE

REPERTOIRE

SCHEDULE

DIARY(blog)

CD

AUDIO

PRESSE

GALLERY

LESSON / CONTACT
                LINKS

DEUTSCH



カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク
QRコード
QRコード

2006/06/07//Wed * 12:27
自分より若いお父さん!?

6月7日(水)

昨日も水泳へ。1200m泳ぎました!

Berlin Suedkreuz駅からIC(ICEよりすこし遅い特急列車)でワイマールへ

やっと、暖かくなり天気も晴天!
なのに私は昨日まで最高気温14度という寒さだったのでトレンチコートにブーツ・・・・・季節に合わない格好&暑かった


バスで声楽科の校舎へ移動

歌のレッスン。
R.シュトラウス作曲 ブレンターノの詩による六つの歌op.68 をレッスンしていただきました。
先生は以前、クルト・マズア指揮でこの曲集を歌ったそうなのですが、6曲目の『Lied der Frauen』は、先生の声には重いので歌わなかったそうです。
どおりで私も歌っていて「うぅ、大変!なんか重い・・・」って思うはずです。
でも好きなので私は6曲セットで歌います

そのあと、バッハの第51番カンタータ《もろびと、歓呼して神を迎えよ》 Jauchzet Gott in allen Landen BWV51。
この曲も先生の十八番。先生、私より歌いまくっていました。


そのあと、再びバスで指揮科・管楽器科の校舎へ

6月23日・24日のヴェルディ・ガラコンサートで歌うジルダとリゴレットの2重唱のリゴレットを歌うバリトンのPiotrと初めて会いました。
そしてコレペティ科のYちゃんに伴奏をお願いして、デュエットの練習をしました。
ヴェルディのオペラ『リゴレット』のジルダはリゴレットの娘なのですが、Piotrはまだ26歳。私よりもかなり若い。
でも私のお父さん役。

とってもいい声のPiotrくん。若いけど、すでにワイマールの歌劇場で歌っていて、将来有望なバリトンくんだそうです。
ポーランドから来てまだ半年ほどなのに、ドイツ語も完璧(汗)。

初めての合わせでしたが、1回でうまくいきました。ビックリ。
23日・24日のコンサート、楽しみです!


合わせの後、YちゃんとCafeでおしゃべり。
そのあとHさん宅に帰宅。


 6月8日(木)

朝、バスで再び声楽科の校舎へ

Liedのレッスン。

歌のレッスン

バスで町に戻って、日本からワイマールに来ているメゾ・ソプラノのMちゃんと再会!
そこに、ピアノのKちゃん・Gくんも来て一緒にランチを食べました。
電車の時間もあったのであんまりゆっくりしゃべれなくて残念だったけど、まだ来週まではワイマールにいるということなので、来週もう一度会いましょう、Mちゃん!!

そしてバスでワイマール駅に移動。
ICでベルリンへ

夜は再び水泳に行き、1200m泳ぎました。


■写真■
ワイマールでお世話になっているHさん宅の近所にある教会
2006 06.20



Comments on this preview     









ブログ管理人にのみ表示を許可する

[TOP]
copyright (C) 2006 SACHIKO KAWASHIMA all rights reserved. [ template by *mami ]
//