FC2ブログ

プロフィール

ソプラノ 川島幸子

Author:ソプラノ 川島幸子

HOME

PROFILE

REPERTOIRE

SCHEDULE

DIARY(blog)

CD

AUDIO

PRESSE

GALLERY

LESSON / CONTACT
                LINKS

DEUTSCH



カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク
QRコード
QRコード

2008/05/19//Mon * 21:26
音楽留学回想記 No.16  第12回チャイコフスキー国際コンクール in モスクワ(最終回)

1.入試といえば・・・
2.1年生からのスタート
3.Überraschung!
4.波乱の予備進級試験
5.初めてのオーケストラとの共演 前編
6.初めてのオーケストラとの共演 後編
7.Vordiplom(進級試験)
8.白井光子&ハルトムート・ヘル マスタークラス
9.Hauptstudium(専門課程)
10.突然の代役
11.ヴェルディ・ガラコンサート
12.第12回チャイコフスキー国際コンクール in モスクワ(1)
13.第12回チャイコフスキー国際コンクール in モスクワ(2)
14.第12回チャイコフスキー国際コンクール in モスクワ(3)
15.第12回チャイコフスキー国際コンクール in モスクワ(4)
16.第12回チャイコフスキー国際コンクール in モスクワ(最終回)
17.初リサイタル in レバノン 
18.バーンスタイン作曲 交響曲第3番『カディッシュ』
19.オペラで王様役に挑戦!
20.モーツァルト作曲 オペラ『後宮からの誘拐』
21.ベルリン・コーミッシェオーパーでのモノローグオペラ
22.(最終回)Diplomkonzert 卒業試験コンサート


16.第12回チャイコフスキー国際コンクール in モスクワ(最終回)
2002年 6月


セミファイナルに進んだ17人のうち、私と中国人ソプラノ以外は全員ロシア人(ロシア系)で、なんともロシア色の濃い(ロシアのコンクールなので当たり前ですが・・・)ラウンドとなりました。

セミファイナルで私が歌ったのは次の5曲

1.モーツァルト作曲、オペラ「後宮からの誘拐」よりコンスタンツェのアリア“私は愛していました”
2.ドヴォルジャーク作曲、「愛の歌」より“私たちの愛に”
3.チャイコフスキー作曲、“昼の光が満ちようと”
4.中田喜直作曲、“さくら横丁”
5.ストラヴィンスキー作曲、オペラ「放蕩者のなりゆき」よりアン・トゥルーラヴのアリア“トムからは何の便りもない ”

ちなみにこのセミファイナルでは

1.オペラアリア 
2.歌曲 
3.チャイコフスキーの歌曲 
4.自分の国の歌曲 
5.1950年以降のオペラアリア 

という課題だったわけですが、5番目の課題=1950年以降のオペラアリア とチャイコフスキー国際コンクールの英語版・ドイツ語版・フランス語版の冊子には書いてあるのに、セミファイナルで他の歌手(ロシア人)の歌を聴いていた私は「なんで1950年以降のオペラアリアじゃない曲をみんな歌ってるんだろう???」と不思議に思っていたのですが、なんとロシア語版にだけは1930年以降のオペラアリアと変更されていたらしく・・・・・
知っていたのはロシア語圏の参加者だけ・・・・
1930年以降ならもっといろいろアリアもあったのになぁ~なんて思いつつ。
ま、でも何事も経験ですね。

セミファイナルでは1次のときほどの緊張はなく(というか、自分で「1次であんなすごい緊張を乗り切れたんだから怖いものなんてないわ!」と、言い聞かせていたのですけどね)、わりと落ち着いて歌えましたが、逆に気迫が足りなかったような気もします。
やはりホテル暮らしに外食続きで、さらに暴動の後で街を歩くのが怖かったりと、かなりつかれもピークでした。

結果、本選出場の6人は残れず・・・・
でも参加できただけでも奇跡だったので、セミファイナルまで残れただけでもほんとによく頑張ったと自分でも思います(笑)。
ただ、アレックス&ローマンに猛特訓してもらったリムスキー・コルサコフのオペラ「金鶏」のシェマーハのアリアと、ドニゼッティのオペラ「ランメルモールのルチア」の“ルチアの狂乱の場”を本選で歌えなかったのは残念でした。

もともとベルリン-モスクワ間の飛行機を取るときに、1次予選の後、セミファイナルは聴いて、そのあと1日は観光をして本選は聴かずにベルリンに帰るという予定で飛行機のチケットを取っていたので、自分がセミファイナルに進むという嬉しい誤算はありましたが、飛行機の変更なしで予定通り1日はモスクワ観光をして、ベルリンに帰りました。


モスクワ音楽院で練習中・・・
moskau4

セミファイナルの後、ホールのロビーにて
moskau7



Comments on this preview     









ブログ管理人にのみ表示を許可する

[TOP]
copyright (C) 2006 SACHIKO KAWASHIMA all rights reserved. [ template by *mami ]
//