プロフィール

ソプラノ 川島幸子

Author:ソプラノ 川島幸子

HOME

PROFILE

REPERTOIRE

SCHEDULE

DIARY(blog)

CD

AUDIO

PRESSE

GALLERY

LESSON / CONTACT
                LINKS

DEUTSCH



カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク
QRコード
QRコード

2010/05/29//Sat * 19:30
魔笛日記2

1日目
日本から帰ってきたばかりなので、またもや時差ぼけで、朝の6時に目が覚める。

午後、稽古が行われるホールに行くと、オペラ『魔笛』の出演者、演出家、指揮者、稽古のためのピアニスト、衣装さん、そのほか大勢のオペラに関わる人たちが大集合。
まずは新聞などマスコミ関係の取材で、出演者全員で写真撮影。
そのあと、ゾンダースハウゼンの市長さんのお話、ノルトハウゼン歌劇場の総支配人の話と続き、演出家から今回のオペラ『魔笛』のコンセプト、また舞台のミニチュア模型を使っての説明、そして出演者の衣装のデッサンを拝見(特に夜の女王の衣装が素敵だったので嬉しかった!)、最後は指揮者とアンサンブルの音楽稽古と、稽古初日は盛りだくさんだった。
でも、時差ぼけのため夕方になるにつれて眠気が襲ってきて、ちょっと辛かった(汗)。


2日目
いきなりオフ日(笑)。
やはり時差ぼけの為、6時起き。
ここでの生活に慣れるため、町に出てみた。
sdh3 何でしょう?このオブジェ

自分の練習をするために、ゾンダースハウゼンにある音楽学校へ。
sdh4

夜は、これまた時差ぼけでかなり辛かったが、ノルトハウゼン歌劇場の方によるドイツ・ヨーロッパで歌劇場やエージェントのオーディションを受ける際に送る書類(プロフィールや写真、レパートリーリストなど)の作成方法などの講義(?)があり、これは聞き逃すまいと必死で時差ぼけと戦う・・・・
とてもためになる話だったが、出来れば4・5年前に知りたかった情報だなぁと思った。
そうすればもう少しうまくいったことも多かっただろう・・・・
まぁでも何事も経験が大事だし、実際自分で考えてやってみて、失敗して知ることも多いのでよしとしよう。


3日目
朝の10時から、夜の女王登場のアリアの稽古。
演出家からまずは大まかな説明を受け、とりあえずやってみる。
1時間ほどで稽古終了。

夜は、この日もノルトハウゼン歌劇場の、今度は総支配人による、ドイツ・ヨーロッパの歌劇場でのオーディションの際に注意することや、オーディションに持っていくオペラアリア(レパートリー)の選び方など、これまたもっと早くに知りたかった情報満載の講義で、彼の話す失敗例を私は今までことごとくやってきたんだなぁ(泣)と、辛くなる・・・・
もぉ~、なんで誰も教えてくれなかったの???
って、今更嘆いてもしょうがない。
まぁでも何事も経験が大事だし、実際自分で考えてやってみて、失敗して知ることも多いのでよしとしよう。


つづく・・・



Comments on this preview     









ブログ管理人にのみ表示を許可する

[TOP]
copyright (C) 2006 SACHIKO KAWASHIMA all rights reserved. [ template by *mami ]
//