プロフィール

ソプラノ 川島幸子

Author:ソプラノ 川島幸子

HOME

PROFILE

REPERTOIRE

SCHEDULE

DIARY(blog)

CD

AUDIO

PRESSE

GALLERY

LESSON / CONTACT
                LINKS

DEUTSCH



カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク
QRコード
QRコード

--/--/--//-- * --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2010/06/01//Tue * 22:00
魔笛日記3

5日目
午前中のうちに個人練習をしようと音楽学校へ。
が、しかし・・・・・
週末は閉まっているらしく、建物に入れず練習断念。
お天気がめずらしくよかったので、音楽学校のそばのお城やお庭などをお散歩してみる。
sdh5   sdh6

sdh7   sdh8


午後は、翌日のオペラ『魔笛』の公演宣伝コンサート(?)の為、ピアニストとリハーサル。
私はコンサートで夜の女王のアリア『復讐の炎は地獄のようにわが心に燃え』を歌うことになっており、リハーサルもすぐに終わったが、他のソリストたちはErste Dame(侍女1)のメラニーが風邪をひき療養のため実家に帰ってしまったので、パミーナ役のスザンネがパミーナのアリアと、急遽侍女1役を歌うことになり・・・・
それに、翌日のコンサートは19時半からと21時からの2回公演でバスで移動もしなきゃいけないので、ちょと大変~

ドイツも冷春(?)なので、毎日寒く、最高気温が8度なんて日もあり、いまだに冬のコートを着ている。体調管理が大変!


6日目
なんと、本日メラニーの代わりに侍女1を歌う予定だったパミーナ役のスザンネがノドの痛みのためコンサートをキャンセル・・・・・
なので侍女3人のアンサンブルは出来なくなり、さらにパミーナのアリアも。
で、急遽、侍女2役のアンナがモーツァルトのオペラ『フィガロの結婚』のケルビーノのアリア、侍女3役のリスがモーツァルトのオペラ『ポントの王のミトリダーテ』のフェルナーチェのアリア、さらにパパゲーナ役のヴェロニカがパミーナとパパゲーノのデュエットを歌うことになり、パニック!!

開演一時間前の18時半にバスで現地へ移動。
道がカーブが多く、30分ほどで現地に着いたが、車に酔う・・・・・

着替えたら、すぐに開演時間となり、あっという間に1回目のコンサート終了。
そして再びバスに揺られ、ゾンダースハウゼンに戻り、21時から再びお城のサロンでコンサート。

sdh10 白いピアノ!

自分では身長164cmってのは小さくはないと思っていたが、こうやって他の歌手と並ぶと私が一番背が低いということに気がついた・・・・
sdh9

突然のキャンセルに、バスでの移動、連続2回コンサートといろんな意味で大変だったが、無事2回のコンサートを終えることができて、よかったよかった。

若い(?)歌手たちはコンサートの後、お城のビヤガーデンで遅くまで飲んでいたそうだが、私はコンサートが終わったらすぐにホテルに帰った。おばちゃんは疲れたよぉ、時差ぼけと車酔いで・・・・・。

つづく・・・・


Comments on this preview     









ブログ管理人にのみ表示を許可する

[TOP]
copyright (C) 2006 SACHIKO KAWASHIMA all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。