FC2ブログ

プロフィール

ソプラノ 川島幸子

Author:ソプラノ 川島幸子

HOME

PROFILE

REPERTOIRE

SCHEDULE

DIARY(blog)

CD

AUDIO

PRESSE

GALLERY

LESSON / CONTACT
                LINKS

DEUTSCH



カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク
QRコード
QRコード

2008/12/30//Tue * 20:45
音楽留学回想記 No.17 初リサイタル in レバノン

1.入試といえば・・・
2.1年生からのスタート
3.Überraschung!
4.波乱の予備進級試験
5.初めてのオーケストラとの共演 前編
6.初めてのオーケストラとの共演 後編
7.Vordiplom(進級試験)
8.白井光子&ハルトムート・ヘル マスタークラス
9.Hauptstudium(専門課程)
10.突然の代役
11.ヴェルディ・ガラコンサート
12.第12回チャイコフスキー国際コンクール in モスクワ(1)
13.第12回チャイコフスキー国際コンクール in モスクワ(2)
14.第12回チャイコフスキー国際コンクール in モスクワ(3)
15.第12回チャイコフスキー国際コンクール in モスクワ(4)
16.第12回チャイコフスキー国際コンクール in モスクワ(最終回)
17.初リサイタル in レバノン 
18.バーンスタイン作曲 交響曲第3番『カディッシュ』
19.オペラで王様役に挑戦!
20.モーツァルト作曲 オペラ『後宮からの誘拐』
21.ベルリン・コーミッシェオーパーでのモノローグオペラ
22.(最終回)Diplomkonzert 卒業試験コンサート


17.初リサイタル in レバノン
2003年 1月

2002年に、レバノンの日本大使館からの招待で、オットがレバノンでピアノリサイタルがあり、その際に次回は日本歌曲を入れたプログラムで歌のリサイタルはどうかという話になり、この年(2003年)私も日本大使館からの招待でレバノンのベイルートとジョーニーの2箇所でソプラノリサイタルをやることになりました。
これが私にとって人生初のソロリサイタル。
どんなプログラムにすればいいか、1時間以上も一人で歌って声のスタミナは大丈夫か、衣装はどうするのか、とにかく何もかもが初めてで期待と不安でいっぱいでした。

ベルリンから飛行機でレバノンへ。
空港に、レバノン滞在中お世話になるレバノンの大病院の院長さんで医者のAさんのお宅で働いているドイツ語が話せる運転手のEさんが迎えに来てくれていて、車でAさん宅へ。
オットから話は聞いていたのですが、実際Aさんのお宅にお邪魔してみて本当にびっくり!!!
すごい豪邸。
地下が温水プールで4階建て。
住み込みのお手伝いさん4名。
奥様はドイツ人で、ドイツの音大のヴァイオリン科卒で、現在は画家なのですが、趣味でやっているカンマーオーケストラの練習をAさん宅で出来てしまうほど広いお部屋。
4階部分はすべてゲストのためのお部屋。
窓から街と地中海が一望できる丘の上の大邸宅。
家中に古代遺跡から発掘された土器などがいっぱい飾られ、まるで博物館。
こんなすごいお宅見たことないです。

2回のリサイタルの合間に、日本大使館の方に車で古代遺跡観光に連れて行っていただいたり、ドイツ語の話せるAさん一家お抱え運転手Eさんにベイルートの街や近郊の街に連れて行ってもらったり、毎日盛りだくさんのスケジュールでした。

▼バールベック遺跡
lebanon4

▼バッカス神殿
lebanon2

▼バッカス神殿内部
lebanon7

▼列柱
lebanon6

▼ゼウス神殿の列柱
lebanon6

▼遺跡に行く途中に通ったベッカ高原
lebanon3

一回目のリサイタルは、レバノンのジョーニーという街にあるドイツ人学校のホール。
これが、私にとっての人生初のソロリサイタル。
プログラムの力配分や、まだまだ体で歌うということが出来てなかったので大変でしたが、あたたかいお客様に支えられて、なんとかアンコールまで歌えました。
そして2回目はベイルート市内にある大学のホール。
1回目のリサイタルでの反省点を生かして、うまく力配分が出来るように心がけたのですが、歌っているうちに、ノリのいいお客様だったので自分もテンションが上がり、後半途中から、最後まで歌えるのか心配になりましたが、なんとかこの日もアンコールまで歌いきりました。

lebanon1
◆プログラム◆

-日本歌曲
1.さくら横丁
2.赤とんぼ
3.かんぴょう
4.荒城の月
5.かやの木山
6.からたちの花
7.まちぼうけ
8.蘇州夜曲

-リヒャルト・シュトラウスの歌曲
9.献呈
10.なにも
11.万霊節
12.明日
13.ツェツィーリエ

-オペラアリア
14.プッチーニ作曲:オペラ『ジャンニ・スキッキ』より “私のお父さん”
15.ヴェルディ作曲:オペラ『椿姫』より “ああ、そはかの人か.... 花から花へ”


当時、まだまだ経験の少ない未熟な私に、このようなリサイタルの機会を与えてくださり、レバノンに招待してくださった大使、そしてお世話になったAさんファミリー、観光に連れて行ってくださった大使館の方、そしてAさん宅の専属ドライバーEさん、素晴らしい経験をさせていただき、本当にありがとうございました!!!


Comments on this preview     









ブログ管理人にのみ表示を許可する

[TOP]
copyright (C) 2006 SACHIKO KAWASHIMA all rights reserved. [ template by *mami ]
//