FC2ブログ

プロフィール

ソプラノ 川島幸子

Author:ソプラノ 川島幸子

HOME

PROFILE

REPERTOIRE

SCHEDULE

DIARY(blog)

CD

AUDIO

PRESSE

GALLERY

LESSON / CONTACT
                LINKS

DEUTSCH



カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク
QRコード
QRコード

2007/05/22//Tue * 15:25
音楽留学回想記 No.2 一年生からのスタート

1.入試といえば・・・
2.1年生からのスタート
3.Überraschung!
4.波乱の予備進級試験
5.初めてのオーケストラとの共演 前編
6.初めてのオーケストラとの共演 後編
7.Vordiplom(進級試験)
8.白井光子&ハルトムート・ヘル マスタークラス
9.Hauptstudium(専門課程)
10.突然の代役
11.ヴェルディ・ガラコンサート
12.第12回チャイコフスキー国際コンクール in モスクワ(1)
13.第12回チャイコフスキー国際コンクール in モスクワ(2)
14.第12回チャイコフスキー国際コンクール in モスクワ(3)
15.第12回チャイコフスキー国際コンクール in モスクワ(4)
16.第12回チャイコフスキー国際コンクール in モスクワ(最終回)
17.初リサイタル in レバノン 
18.バーンスタイン作曲 交響曲第3番『カディッシュ』
19.オペラで王様役に挑戦!
20.モーツァルト作曲 オペラ『後宮からの誘拐』
21.ベルリン・コーミッシェオーパーでのモノローグオペラ
22.(最終回)Diplomkonzert 卒業試験コンサート


2.1年生からのスタート
1998年10月


新学期(冬学期)がいよいよ始まりました。
(ドイツの大学は10月-2月の冬学期、4月-7月の夏学期の2学期制です。)

ワイマール音大の声楽科は学部卒業=Diplom修得まで12学期(6年)もあり、最初の2年間のGrundstudium(基礎コース)の最後にはVordiplomという進級試験があり、合格すればオペラ科かリート・オラトリオ科に進むことが出来、不合格だと追試を1度受けることが出来ますが、それでもダメだと退学という厳しい制度です。

この冬学期始まりの声楽科1年生は私を含め計10名。
私以外にロシア人がいましたがドイツ国籍を持っているので、本当の外国人は私だけ。{/face_ase1/}

■Grundstudium(基礎コース)の授業内容■

●個人レッスン●
-週2時間の歌のレッスン
-歌曲のレッスン
-ドイツ語の発音・表現のレッスン(個人)
●グループレッスン●
-ダンス
-演技
-リトミック
-フェンシング
-合唱
-イタリア語
(この他にも、音楽学、音楽史、聴音、楽典などいろいろな授業をとらなければならなかったが、私は日本でピアノ科を卒業しているので、そういった単位は日本の音大でとった単位と振り替えしてもらえたので本当にラッキーだった)

私にとって一番大変だった授業、それは演技とダンス・・・・・

ドイツ語は日本で文法のみ+入試の後、夏休みにワイマールの語学学校に3週間通っただけ、更に毎日オットと日本語での生活・・・・・。
はっきり言って、全然ドイツ語が出来ませんでした。なのに全てドイツ語での授業(当たり前ですが・・・)、毎回胃が痛くなりました。
いつも辞書を片手に半泣きで授業に参加。
そんな私をいつも助けてくれたのが、私の大親友Katrin。
Katrinはドイツ人ですが、なぜか私の宇宙語(めちゃくちゃドイツ語)を理解することができ(テレパシーでしょうか??)、更に授業中いつも先生やみんなが言うこと(=ドイツ語)をドイツ語で私がわかるように、説明してくれていました。
Katrinがいなかったら絶対私は途中でどの授業も挫折していたに違いありません。

特に演技の授業は毎回3時間。長すぎです・・・
授業の内容として、1年生では演出家の先生がテーマを決めて、その場で舞台の上でそのテーマに沿ったお芝居を考えて演じ、みんなでそれを見て意見や討論を交わすというもの、また簡単なドイツ歌曲に演技をつけて歌うなど、いろいろありました。
勿論、毎回私一人大パニック!
討論に参加なんて出来ない私はとにかく私に意見を求められないように存在を出来るだけ消すようにしていたのに、
「Sachikoはどう思う?」
「Sachikoだったらどう演技する?」と、なぜか質問攻めにあってしまい、アタフタアタフタ・・・
そこにKatrinが、「Sachikoは、こう言ってるわ!」と、私の宇宙語ドイツ語をドイツ語で訳してくれるのでした。

書き出したらきりがないくらい失敗談はあるのですが、今日はその中の1つをご紹介。

演技の授業でのこと。
演出家の先生が作ってきたカードにいろいろな動詞が書いてあって、それを裏返して机の上にならべており、みんな順番にそのカードを引いて、カードに書かれた動詞を舞台の上で演技し、それをみんなで当てるというもの。
「これなら、辞書ですぐ調べればなんとか演技できるな!」と思っていたのですが・・・。
私が引いたカード→“fixieren sich”
急いで辞書をひくと、“fix ”としか載っていない(汗)
「げぇ、どうしよう、『fix = subayai』ってしか載ってないなんて・・・。
でも待てよ、fixieren sich も fix も同じようなものかも!
『fix=subayai』なら、きっと fixieren sich もすばやい動きの演技をすれば、みんなわかるだろう!」
と、思った私は舞台に上がり、舞台の右から左へものすごい速さで駆け抜けました。

みんなの反応: 「???」
先生の反応: 「???」

そしてみんなから「もう一回やって!」のリクエストに答えて、再び舞台の上を今度は左から右へ駆け抜け・・・・

それでもやっぱりみんな???のまま・・・。


で、数分後
「あ、もしかしてfixieren を fix と思って・・・・ぷっ、わははは!!!」と、一人が笑い出し、みんなも一斉に笑い出したのでした。


◆今日のドイツ語
fixieren sich = 見つめる,見据える,凝視する


それでは、この辺で。。。。

WEbelv
声楽科の校舎の横にあるBelvedere城



Comments on this preview     









ブログ管理人にのみ表示を許可する

[TOP]
copyright (C) 2006 SACHIKO KAWASHIMA all rights reserved. [ template by *mami ]
//