fc2ブログ

プロフィール

ソプラノ 川島幸子

Author:ソプラノ 川島幸子

HOME

PROFILE

REPERTOIRE

SCHEDULE

DIARY(blog)

CD

AUDIO

PRESSE

GALLERY

LESSON / CONTACT
                LINKS

DEUTSCH



カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク
QRコード
QRコード

2008/02/16//Sat * 11:10
夜の女王 と ルチアの狂乱の場

2月13日(水)

朝の8時に、土曜日に歌うコンサートの指揮者から、急遽オーケストラのフルートの方とルチアのアリア(狂乱の場)の合わせをやってほしいと電話があり、午後に合わせ。

*ドニゼッティのオペラ「ランメルモールのルチア」のルチア・狂乱の場のアリアには大きなカデンツがあり、私が歌うカデンツはフルートと歌うヴァージョンなので、歌手とフルートの息がピッタリと合ってないといけないのです。


2月14日(木)

午前中オケ合わせ。
まずは朝からルチアの狂乱の場。
このアリアは2006年の2月(=当時の日記はこちら→若い指揮者のためのマスターコース 1若い指揮者のためのマスターコース 2)に、指揮者の為のマスターコースで歌ったことがあるのですが、そのときはとにかくすごい大風邪をひいていて、最悪の状態で歌ったので、とても残念だったので、今度は風邪もひかず元気な状態でこのアリアをオーケストラと歌えることをとても楽しみにしていました。
なので、初合わせのこの日、気合入れまくりで歌いました(笑)。
1回通すだけでも17分かかるこのアリアを2回通し、Probe終了。

他のソリストのオケ合わせの後、再び私の番。

指揮者「次は夜の女王ね。No.4ね!」

私「え?? No.4って、“恐れるな、若者よ”のアリアじゃない?」

指揮者「そうだよ。支配人からのリクエストでこっちのアリアに決まったんだよ。」

私「え??支配人は私に “復讐の炎は地獄のように我が心に燃え”のアリアって言ってましたけど・・・・」

指揮者「いやいや、“恐れるな、若者よ”の方だよ。オーケストラもこっちの楽譜を用意してるし。」

私「・・・・・・・・・。」

急遽、“恐れるな、若者よ”を歌うことになり・・・・・
1回通して、すぐ終了。
そのあと、フルートの方ともう一度ルチアのカデンツの合わせをして本日のProbe終了。
明日はもうGP(通し練習)です。


2月15日(金)

朝10時からGP(通し練習)。
朝なので体がまだ起きてない感じでだったので、とりあえず呼吸の体操。
夜の女王のアリア→ルチア、と歌ってGP終了。

電車の中でも、オケ合わせのときにも、この時期特に咳をする人が多いし、インフルエンザも流行っているので、必死で鼻うがい+風邪予防のプロポリスを飲み、とにかく健康キープ。


2月16日

コンサート当日。
17時半にホール入り→オケ合わせ→ドレスに着替えてメイク→19時開演→いつもの歌う前の緊張しないおまじない(笑)

私の出番となり、まずは夜の女王のアリア“恐れるな、若者よ”。
アリアの後半のテンポが、今までのオケ合わせとは比べ物にならないくらい早くてびっくりしましたが、なんとか無事コロラトゥーラのところもコロがって歌いきりました。

休憩後、再び私の出番。
いよいよ17分のアリア、ルチアの狂乱の場!
コンサートなのでそんなに動いたりは出来ないのですが、演技も少し付けてみて“狂乱”してみました(笑)。
ものすごく集中して歌うことが出来、あっという間の17分間でした。
お客様からもブラヴォ~を頂き、とても嬉しかったです!

最後はソリスト全員で再び舞台へ。
花束を頂いて、コンサート終了♪

その後、コンサートを聴きに来てくれたZちゃん、Kちゃん、M、オット、Mの友人夫婦と、イタリアンへ。
美味しいビールとピッツァを頂きました。



ブレブレ写真で見えにくいですが、コンサートのときの写真。
また、同じドレスだぁ・・・・・・・・・・
KdN Lucia



Comments on this preview     









ブログ管理人にのみ表示を許可する

[TOP]
copyright (C) 2006 SACHIKO KAWASHIMA all rights reserved. [ template by *mami ]
//