FC2ブログ

プロフィール

ソプラノ 川島幸子

Author:ソプラノ 川島幸子

HOME

PROFILE

REPERTOIRE

SCHEDULE

DIARY(blog)

CD

AUDIO

PRESSE

GALLERY

LESSON / CONTACT
                LINKS

DEUTSCH



カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク
QRコード
QRコード

2008/11/30//Sun * 00:04
クリスマスコンサート(1回目)

今日(11月30日)と12月に5回=計6回公演で新ベルリン交響楽団とのクリスマスコンサートで歌うことになっていて、その一回目の公演でした。
gretel2

最初、このクリスマスコンサートのお話をいただいたときには、コンサートの前半にフンパーディンク作曲:オペラ「ヘンゼルとグレーテル」の1幕と2幕をコンサート形式でやるので、グレーテル役、また後半はオペラアリアのプログラムなので、ヴェルディのオペラアリアを1曲ということだったのですが、プログラム前半の「ヘンゼルとグレーテル」の2幕の終わりに出てくる役のSandmännchen(眠りの精)役をこのコンサートのソリストの一人でドラマティックソプラノのNさん(ドイツ人)が歌うには、彼女の声種と役がぜんぜん合わないということで、なぜか私が歌うことに・・・・
つまり、1幕でグレーテルを歌い、2幕でSandmännchen(眠りの精)に変身(?)し、また2幕最後のヘンゼルとグレーテルの2重唱でグレーテルに戻るということになり・・・・
また、後半プログラムのヴェルディのオペラアリアも、これまでに何度も歌ってきたヴェルディ作曲:オペラ「リゴレット」よりジルダのアリア“麗しの人の名は Caro nome”ではなく、ジルダのもうひとつのアリア“いつも日曜日に教会で Tutte le feste al tempio”を歌うように言われていたのですが、途中でヴェルディ作曲:オペラ「椿姫」よりヴィオレッタのアリア“ああ、そはかの人か・・・花から花へ”に変更になり、でも結局指揮者から“麗しの人の名は Caro nome”を歌うように言われ、最終的に決まったのは、
■「ヘンゼルとグレーテル」1幕 グレーテル役
■「ヘンゼルとグレーテル」2幕 Sandmännchen(眠りの精)とグレーテル役(2幕最後の2重唱のみ)
■ヴェルディ作曲:オペラ「リゴレット」よりジルダのアリア“麗しの人の名は Caro nome”
と、なりました。


11月30日(日)

15時にオーケストラの総支配人Dさんの車でベルリン郊外の町Petershagenへ。

16時半から直前リハーサルの予定でしたが、なんとコンサートの開演時間が18時ではなく19時とプログラムやコンサートのポスターなどに掲載されていることが判明。伝達ミスで私たちもこのことを知らされておらず・・・・
結局17時からリハーサル開始。

着替え&メイク、緊張しないおまじないをして、19時開演。

前半は「ヘンゼルとグレーテル」。
グレーテル役は、歌詞がすごく早口のドイツ語で舌をかみそうでしたがなんとか乗り切り、Sandmännchen(眠りの精)に変身(?)、そしてすぐにグレーテルに戻り二重唱・・・・
休憩を挟んで、後半のオペラアリアのプログラム開始。
私は3番目で、ジルダのアリアを歌い、本日の演奏終了!

終演後、再びDさんの車でベルリンへ。気温マイナス3度・・・・・
23時半、やっとベルリン到着。
我が家の近所のレストランで遅い遅い夕食。

再びDさんの車で家まで送っていただき、1時帰宅。



Comments on this preview     









ブログ管理人にのみ表示を許可する

[TOP]
copyright (C) 2006 SACHIKO KAWASHIMA all rights reserved. [ template by *mami ]
//